【夏季休業期間につきまして】 8月11日(祝)~8月15日(火)にて休業とさせていただきます。 期間中のお問い合わせにつきましては、 8月16日(水)以降順次対応させていただきます。

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

レスポンシブECサイト構築ASP aishipR

【夏季休業期間につきまして】 8月11日(祝)~8月15日(火)にて休業とさせていただきます。 期間中のお問い合わせにつきましては、 8月16日(水)以降順次対応させていただきます。

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

常時SSLに完全対応の
ショッピングカートASP

Google推奨の常時SSL対応により全ページHTTPSでの安全なECサイトを構築

詳細

常時SSLとは

SSLとは、インターネット上で通信を暗号化(HTTPS化)する技術です。SSLを利用することでwebサイトから入力する個人情報やクレジットカード情報などの大切なデータを安全にやりとりすることが可能となります。

webページのURLは暗号化していない場合、「http://〜」となりますがSSLを用いた場合、ページURLが、「https://〜」と表示されるので、そのwebページはSSL化されていることが分かりユーザーは安心してサイトを使うことができます。

このSSLを個人情報、クレジットカード情報入力ページ等だけでなくサイトの全ページに対して適用することを
『常時SSL』(全ページHTTPS化)といいます。

なぜECサイトで常時SSL対応が必要なのか?

昨今、フリーWi-Fiの発展などにより、スマートフォンなどでの、インターネット利用がより便利になった反面、安全が保証されていない環境でネットショッピングを行った際の第三者によるデータの盗聴や改ざん、といったリスクが増えてきています。

Google社等が主導する現在のインターネットの潮流では、全ページをSSL化することが推奨されています。

例えば、Chromeブラウザでは、ブラウザのアドレスバー上に安全であるサイトである場合、「保護された通信」とメッセージを表示したり、そうでない場合は、警告のマークを表示するなどしてサイトの安全性がひと目見て分かるように仕様が変更されつつあります。

いつも利用しているECサイトが、そういった表示を見て、安全でないとみなされてしまった場合、購入をやめてしまいかねません。

aishipRでは、氏名・住所やクレジットカード情報を記入する決済画面内やフリーフォームなど、個人情報をやり取りするページについては、サービス開始当初よりSSL対応してまいりました。

しかし上記のような流れを受け、aishipRにおいても、より安全なECサイトを、みなさまに提供していただくために、
常時SSLに対応しました。

検索エンジン対策という意味でも、常時SSLは必要 検索エンジン対策という意味でも
常時SSLは必要

webサイトのSSL化は、世界的に急速に進んでおり、Googleではより多くのサイトをSSL化させるために、SSL化されたサイトかどうかを、ランキングアルゴリズムに徐々に導入していくことを発表しています。

つまり、常時SSLに対応することで、インデックスの優遇を期待することができます。

常時SSLに完全対応のショッピングカートASPとは? 常時SSLに完全対応の
ショッピングカートASPとは?

現在、ECサイトを構築するためにあたって、ショッピングカートASPを利用が主流になりつつあります。ASPとはシステムを所有せず 一定の利用料金を支払いし、システムを借りる(レンタルする)サービスです。

ASPを利用することで定期的なバージョンアップにより、常に最新の機能を安価に利用することでき、専門性の高い知識や社内リソースがなくとも、低コストでのサイト構築・運営が可能となります。

「aishipR」は、他の最新機能同様、常時SSLにつきましても独自実装を行い、EC事業者様がより安価で安全なサイトを構築・運用していただくためのショッピングカートASPです。

独自ドメインを利用しての常時SSL導入にあたって、aishipRがSSL証明書の取得手続代行も含めて対応するため、事業者様の手間を極力省くことが可能です。

レスポンシブECサイト構築専用の
ショッピングカートASP aishipRとは?

モバイル化、マルチデバイス化が進む中で、各スマートデバイスへのECサイトの対応は一段と重要な局面を迎えます。

スマートデバイスへのECサイトの対応方法は「自動変換」、「デバイス毎にページ作成」、「レスポンシブECサイト」と大きく分けて3つありますが、スマホ・タブレット・PC・携帯など複数デバイスに効率的な対応を考慮した場合、レスポンシブECサイトでの対応が圧倒的に効果的です。

「ネットショップをレスポンシブウェブデザインにすべき理由」

「aiship R」は、まさにこのレスポンシブECサイトを効率よく運用するために必要な全て(ショッピングカートシステムやCMSなどの機能がワンパッケージになったショッピングカートASPです。)

aishipRが推奨するSSL証明書について

SSL証明書には、EV、OV、DVの3種類ございます。

aishipRでは安全なECサイトの提供のため、より高いセキュリティを提供できるOV・EVでの証明書のご利用を推奨しております。

DVは低コストで証明書の発行が可能ですが、近年ではクレジットカード情報を盗み取られるフィッシング詐欺(※)の危険性が指摘されています。

DVによるドメイン認証では、認証の求められる基準がOVやEVに比べ簡易なため、ユーザーがそのサイトが確実に安全であることを担保することができません。

名称 ドメイン認証 企業認証 拡張認証
略称 DV OV EV
セキュリティ
取得方法 ドメイン名登録名義の確認 DV方式に加えて ・登記事項証明書または 第三者データベースを併せて確認 ・電話による申請者の在籍と申請意思の確認 OV方式に加えて ・署名権限確認者の在籍確認と申請責任者確認書の確認
特徴 証明書の属性に組織情報が記載されないため、ユーザ側で正当な企業の証明書かを判別できない 証明書の属性に組織情報の記載あり OVに加え、ブラウザのアドレス欄がグリーンになり企業名が表示される
一般的な用途 内部システム向き 外部システム向き クレジットカード等の重要情報取扱向き
初期費用 10,000円 10,000円 10,000円
証明書取得価格 9,600円/年 25,800円~55,000円/年 71,500円~135,000円/年
月額費用 1,000円/月 3,000/月 3,000/月

※フィッシング詐欺とは、電子メールに記載のリンクなどを通じて、身元が不確かなwebページに誘導を行い、クレジットカード番号、会員IDやパスワードなどを入力させるなどして、重要な個人情報を盗む手法です。

常時SSLのオプションお申込方法

aishipR管理画面内の「オプションサービス申込」メニューの『常時SSL利用(DV認証)』もしくは『常時SSL利用(OV認証・EV認証)』からお申込み下さい。

ご利用料金につきましては、下記ページをご参照ください。

「常時SSL利用」オプションサービスの料金表を見る


ご注意事項
  • 証明書発行には、ドメインやメールアドレスの管理状況によりお客様でのご対応が必要になる場合がございます。
  • オプション申込から適用オプション適用まで2週間程度(DV認証)~1ヶ月程度(OV認証/EV認証)かかる場合がございます。
  • Webサイト内部の画像URLやHTML/CSSファイルへのリンクなど、御社でタグの修正が必要な場合がございます。
  • 決済画面内や、フリーフォーム等、従来よりSSL対応しておりますページにつきましては引き続き
  • 弊社提供の共用SSLでのご提供となります。
  • お客様は、お申込をしていただくだけで、SSL証明書や諸設定作業は弊社にて代行いたします。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+
-
  • 利用申込
  • 資料請求
  • 説明会