【大型連休の休業期間につきまして】 4月29日(土)~5月7日(日)にて休業とさせていただきます。 期間中のお問い合わせにつきましては、 5月8日(月)以降順次対応させていただきます。

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

レスポンシブECサイト構築ASP aishipR

【大型連休の休業期間につきまして】 4月29日(土)~5月7日(日)にて休業とさせていただきます。 期間中のお問い合わせにつきましては、 5月8日(月)以降順次対応させていただきます。

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ゴールドフラッグ様の導入事例インタビュー

レスポンシブで1ソース運営。効率化を実現

下着通販 ゴールドフラッグ様
http://www.bradelisny.jp/

インタビュー詳細

今までの各デバイスの対応は?

佐々木様
ブラデリスニューヨーク
システムセクション 佐々木様
PC・モバイルサイトを別々のプラットフォームで運用していました。各コンテンツのソースを書いてページを作る必要があったので、管理の手間もサイトの規模が大きくなるにつれて膨らんでいました。商品登録はもちろん、メルマガ作成や画像などもプラットフォーム別に作っていました。

レスポンシブECサイトのメリットは?

一番良かったのは、更新作業が非常に楽になったところです。aishipRで作ったレスポンシブECサイトは1つコンテンツや画像を更新すれば、スマホ・タブレット・PC全デバイスに反映されるので、今まで「スマホ・PC・ガラケー」と3つ作っていた分、工数はかなり減りました。

特集ページは特にボリュームがあったので、今から前の状態に戻るのは難しいですね(笑)

移行後の売上面の変化は?

社内風景
別々に運用していた時と比べ、売上は落ちてはおりません。運営が楽になった分、その分新しい企画や、SEOの最適化など別の事に力を注ぐことができるようになったので助かっています。

また運営するプラットフォームが統一されたので、バックヤードの処理(受注管理・配送処理)の管理コストも削減することができました。

aishipR導入の「決め手」は?

瀬戸口様
ブラデリスニューヨーク
システムセクションチーフ 瀬戸口様
リスティングなどのデータから、訪問後すぐ購入せず、別のデバイスからのアクセスから購入されるというケースが出ていました。デバイスをまたいでもコンテンツの違和感がないようにマルチデバイスでの対応検討しているところ、aishipRのご提案をいただきました。

PC・モバイルのプラットフォームが別だったこともあり、運用の効率化を検討していたので、最先端のASPが体験できるということで導入しました。また、業界の最新情報などを多く提供していただけるのにはとても感謝をしています。

移行に関してはいかがですか?

今までPCサイトを中心に考えていたものを、モバイルを中心に考える必要があります。そこの頭のスイッチの切替が大変でした。実際に運用を始めてみると思った以上に楽で、コツを掴めば特に問題なくページ作りも非常に簡単。

aishipRの良いところは、レスポンシブwebデザインの知識がなくても、簡単にレスポンシブECサイトが運用できるところです。私(佐々木様)は実際にHTML・CSSの経験は1年もありませんが、1日あれば問題なく使えるCMSとなっています。

aishipRの最も気に入っている機能は?

aishipR管理画面
機能パーツです。機能パーツを1つ作ってしまえば、デバイス別の表示非表示もボタンひとつで切替ができるので非常に便利です。ヘッダー・フッターも一度作ってしまえば、全デバイスに共通して利用できるので助かります。ページの公開設定も日時別に自由に設定できるので、期間限定のキャンペーンも打ちやすく、管理がしやすいです。

今までのカートとaishipRで大きく違うと感じた点は?

カテゴリ一覧で在庫の有無の表示や非同期で商品をカートに入れたりすることができるところですかね。ユーザーにストレスを与えることが無いので、非常にいいところだと思います。商品のバリエーションを一覧ページで選択できるところは実際に「非常に良くなった」というお声も実際にいただいています。

aishipRは基本的な機能は充実しています。例えば商品ごとの割引など細かく設定することができるので助かっています。

Facebookを中心とするSNSからの集客効果は?

社内風景
SNSの効果はかなりあります。店舗の情報・商品の写真をビジュアルを重視しアップしていますが、かなりの売上に繋がっています。いいねの数もかなりいただいており、ファンになっていただいている方も多いです。

今後のECサイトのあり方は?

商品
これからはマルチデバイスに対応しなければお客様は離れていってしまいます。毎日更新作業があるECサイトで、レスポンシブWebデザインに対応すれば更新作業は圧倒的に楽になり、余った余力で様々な企画や施策を進めることができます。

結果的に、無駄にデバイス対応でかかっていたものがシンプルになり、非常に前向きになれました。レスポンシブECサイトに移行し、気持ちも新たに進むことができるようになりました。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+
-
  • 利用申込
  • 資料請求
  • 説明会