【GW期間の営業につきまして】 4月28日(土)~4月30日(月)、5月3日(水)~5月6日(日)にて休業とさせていただきます。※5月1日(火)・2日(水)は通常営業

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

レスポンシブECサイト構築ASP aishipR

【GW期間の営業につきまして】 4月28日(土)~4月30日(月)、5月3日(水)~5月6日(日)にて休業とさせていただきます。※5月1日(火)・2日(水)は通常営業

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

自社ECサイト運営でASPをオススメする理由


自社ECサイトを構築するにあたり、まず必要になってくるのがECプラットフォームの選定です。
では、ECプラットフォームとはどのようなものがあり、どのような特徴があるのでしょうか。掘り下げてみたいと思います。

自社ECサイト構築のための
選択肢

自社ECサイト構築のための<br>選択肢
自社ECサイトの構築方法は現在大きく分けて二種類の方法があります。
・ASPと呼ばれるクラウド上でwebアプリケーションとして使用するサービス
・オープンソースと呼ばれるシステムパッケージを特定のサーバにインストールして使うサービス
の二種類です。

選択のポイント

この二種類からプラットフォームを選んでいくわけですが、プラットフォーム選びを誤ってしまうとサイト構築時に想定していた以上の時間や費用がかかったりであるとか、思い通りの機能を付けることができないなど、支出対効果のバランスが取れず運営に失敗してしまう恐れがあります。
そうならないためには適切なプラットフォーム選択が必要です。
では、適切なプラットフォーム選択のためにそれぞれのメリット、デメリットを把握していきましょう。


それぞれのメリット・デメリット

ASPのメリット・デメリット
ASPのメリット
・初期費用が安価である。
・導入が手軽で、簡単に運用できる。
・常にバージョンアップが行われるので、常に機能面、セキュリティ面ともに最新のプラットフォームを使用できる。
・ネットワークを介して利用するので、自社サーバへインストール・構築する必要がない。
・ITの知識がなくてもECサイト運営ができる。
ASPのデメリット
・独自の機能カスタマイズができない。
・システム連携が限られる。
・共有サーバでの運営であるのでサーバに不具合が起きると使用者全体に影響を及ぼす。
オープンソースのメリット・デメリット
オープンソースのメリット
・デザインの自由度が高い。
・カスタマイズ・連携の幅が広い。
・開発ベンダーの選択肢が多い。
・有料のパッケージなどがあり、機能追加が比較的簡単である。
オープンソースのデメリット
・初期費用、維持費が高額になる。
・社内に十分なITのリテラシーを持った人間が必要である。

それぞれの違い

以下に、簡単に違いをまとめてみました。

ASP オープンソース
方式 インターネットを介して常に 最新の状態でECサイト構築と運用 自社で用意したサーバにインストールし、日々の運用・保守は自社で
コスト面 費用 安い
初期費用、月額費用ともに他プラットフォームと比べ安価
高い
ソフトは無料だが、機能のカスタマイズが必要で高額
導入
スピード
早い
システム開発の必要なし
遅い
開発フェーズが発生する
サーバ 不要 必要
機能面 バージョン
アップ
自動
運営者側での作業はなし
手動
運営者側での作業が発生する
カスタマイズ 独自のカスタマイズ・連携は不可 カスタマイズ・連携が自由
運用面 開発担当者 不要 必要
保守担当者 不要 必要
セキュリティ ASP業者側で管理 運営者様で管理
ここまでをまとめてみると、
「ASP」は初期費用から月次基本料金で安価で、始めやすいプラットフォーム
「オープンソース」は自由度は高いが、費用がかかり保守も自社で行う必要があるプラットフォーム とまとめられると思います。

自社ECサイト運営はASP

日々ECサイトを運営していく中で構築運営にどれだけリソースを投入できるか
資金をかけられるかは自社ECサイトを運営していくにあたって重要な要素です。
常にサイトが最新の状態で安価、運営も容易であるASPは非常に効果的な選択肢であると言えます。

これらの理由から自社ECサイト運営はASPをオススメします。

レスポンシブECサイト構築ASP/aishipR

デザインそのままのレスポンシブ化
カスタマイズ機能
ASPの利用を考えている。でも、あの機能がない…
基幹システムとの連携が必要…そのようなお悩みにも独自機能カスタマイズ対応のaishipRなら大丈夫です。
ASPのデメリットと言われているカスタマイズ性能の低さを解決し、お客様のニーズに応えることが可能です。

強固なサーバ
また、ASPを使用する際、運営者様では修正しようがないサーバトラブルも世界最高水準のクラウドサービスであるAWS(Amazon Web Services)を使用することでお客様の通信を遮断することなくお買い物を続けていただけます。
ASPの利用を上記のような理由から躊躇していた運営者様は是非一度ご検討いただければと思います。


※カスタマイズの範囲や、費用などについては お気軽にお問い合わせください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
20
+
-
  • 利用申込
  • 資料請求
  • 説明会